前へ
次へ

賃貸不動産の土地活用方法が見直されています

同じ日本国でありながら、都市部と地方部の地域格差が大きくなっています。
その為、二極化した結果、住まいの方法も二極化しています、便利でも専有部分が狭い都市部と、多少不便でも、広い敷地の田舎の住まいです。
住めば都の喩えでの通り、生活基盤がある以上、どちらも住居環境に不満はないのが現実的です。
都市部では、交通機関のアクセスがいい所が何より魅力的です。
反対に、地方部では、公共交通金が不便でも、マイカーでの暮しに不便はありません。
買物に行くにも、子供の送り迎えにも、自動車があれば問題ないと言うより、自動車での暮らしの方が便利です。
意外に都市部の交通機関のアクセスの良さと言いながら、電車や地下鉄の乗り換えは、シニア世代や子育て世代には、負担が大きすぎます。
その為、シニア世代では、電車や地下鉄の利用より、アクセスのいいバスの利用が多いのは、その為です。
病院に行くにも買物に行くにも、時間が掛かっても乗り換えの負担が少ないバスの利用が便利になっています。
都市部では、一戸建てのマイホームよりマンション住まいの方が多いのも事実です。
少ない敷地に多くの部屋数を確保できるマンションは、まさに有効的な土地活用の最たる方法だと言えます。

萬勇鞄
6年間快適に使用することのできる丈夫でオシャレなランドセルをお買い求めいただくことができます。

【シングテル】国際間のネット通信サービスIP-VAN

窓防音対策工事 | 東京・神奈川のガラス店リフォームレンジャー

それに比べると、地方部の住まいは、大抵の一戸建てになることが多いです。
ただ、地方に住まいする場合にも、更に二極化しています。
自分の所有のマイホームか、それとも賃貸物件かです。
田舎であっても、マイホームの所有率が高いとは言えません。
地方独特の広い敷地にある賃貸不動産も魅力です。
一時期、地方の有効的な土地活用の方法として、賃貸不動産の建築ブームがありました。
確かに余っている土地を有効に活用するにはアパート経営は、銀行からの借り入れがなければ、リスクも少なく維持できるからです。
地方のアパート経営にも、いろいろとより有効的な魅力ある不動産にする必要があります。
まずは、賃貸部分の中に、自動車を止めるスペースを確保した上で、自動車を保有する事を前提としたより魅力ある賃貸物件の活用方法が見直されています。

Page Top